ランダム表示


2013年2月3日(日)、29日目(2) コールズベイ、散歩、パンティ、ビーチ、夕陽

========================================== 最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。     にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ ========================================== 写真をクリックすると、写真が別窓で開きます。上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。 上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。 【今日の情報:サイトから写真・地図・説明を引用】 旅行前に見ていないが、情報はたくさんあった。 *タスマニア観光局 Discover Tasmania :コールズベイ(Coles Bay) *(英語)Coles Bay - Freycinet - Tasmania http://www.colesbay.com.au/ *(英語)Coles Bay- Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Coles_Bay,_Tasmania 【今日の気候】 *クレイドル山 雨 寒い 05:51 室外  8.6℃、湿度88% 雨 07:34 室外  9.0℃、湿度90% 雨 08:00 室外  9.2℃、湿度90% 雨 *コールズベイ 快晴 暑い 16:17 室外 29.0℃、湿度39% 快晴 19:03 室外 10.8℃、湿度58% 快晴 今日の行動】 クレイドル・マウンテン(Cradle Mountain)からフレシネ国立公園(Freysinet National Park)のコールズベイ(Coles Bay)まで、309 kmを、朝からドライブしてきて、15:38、宿であるIluka Backpackers YHAにチェックインしたところまでが前回だ。 → 宿の記事 コールズベイは日本の夏のように気温が高い。宿で一休みし、徒歩で宿周辺を散歩することにした。 宿であるユースホステル・Iluka Backpackers YHAは庭があり、ヒルズ・ホイスト(回転式物干し、Hills Hoist)に洗濯物が干してある。ヒルズ・ホイストはオーストラリア特有の洗濯干しだ。今回の旅行で、ヒルズ・ホイストをはじめて見たが、太陽の下に洗濯物を干してある状況も、なんか、珍しい。日本でも、東京の都心ではめったに見ない。人こそいないけど、洗濯物もファッションだ。 130203_7424 と思ってよく見ると、若い女性のパンティが堂々と干してある。別に隠すわけではないけど、これも、東京の都心ではめったにみない。通常は、室内に干すでしょう。アップの写真を掲載することもないけど、珍しいから、一応、掲載します。 130203_7425-1 洗濯物のそばに果物のネクタリンが7~8個ころがっていた。誰かが、買ってきたネクタリンをこぼしたに違いない。と思っていた。よく見ると、そばにネクタリンの樹があり、そこにたくさんの実がなっていた。少し失敬して食べたら、おいしかった。皆さん、とって食べないのだろうか? 130203_7427 ユースホステルの裏は、レストラン、スーパーマーケット、カフェー、雑貨屋、ガソリンスタンドがある。 130203_7428 ガソリンスタンドにカッコいい車が停まっていた。 130203_7429 ガソリンスタンドの前の道路の向こう側が公園である。 130203_7455 公園の向こうはビーチ(Muirs Beach)である。このビーチ、水がとてもきれい。砂浜は長い。砂もきれい。ところが、人はいない? イヤ、1人いました。この後、滞在中に何回かこのビーチに行ったが、いつも、人はいない、または、少なかった。 130203_7431 拡大しましょう。上半身ビキニトップの女性が1人、ビーチで本を読んでます。 130203_7431-1 ウツクシイ海岸です。 130203_7437 ウツクシイ海岸で、男性が座って本を読んでます。持参した椅子に座っています。 130203_7447 海でカヤックを漕いでます。1漕しかいません。 130203_7448 なお近くにカヤック・レンタル屋があります。というのは、先ほど、下の場面に出くわし、そして、後で気付いたけど、この車が、ユースホステル近くに停まっていたからです。ただ、上のカヤックとは異なる形・色です。参考:カヤック・ツアーとレンタル Freycinet Paddle tour details130203_7430 一度、部屋に戻って夕飯を食べ、夕陽が沈むころ、再度、ビーチに来ました。イヤイヤ、グータラしていたので、「夕陽が沈むころ」ではなく、「夕陽が沈んでしまった」ころです。 遠くで、2人連れが石に腰掛け、夕陽が沈んだ海を眺めています。 130203_7462-1 その他、人はいません。空はほんのり夕焼けです。 130203_7465 130203_7467 130203_7469 130203_7470 コールズベイのビーチ・浜辺はウツクシイのに、人が少ない。 ユースの人、キャラバンパークの人たちはビーチ・浜辺にでてこない? 夕飯食べたら何しているんだろう? 【今日のまとめ】

観光した場所 1.コールズベイのビーチ・浜辺 (フレシネ国立公園 タスマニア州)

●観光にどのくらい時間がかかるか? 1.コールズベイのビーチ・浜辺は10分~3時間。 ●どういう観光をすれば効率的か? 1.わかりません。 ●観光の穴場・おススメ 1.コールズベイのビーチ・浜辺。 ●トラブル体験 1.なし ●走行距離: 1135-818=317km ●経費(宿泊費、食費は除く)、2人分: ガソリン 40.5ドル。 本日が幸せに満ちた1日でありますよう 今日も笑顔で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です