2013年2月3日(日)-2月5日(火)、29-31日目 タスマニア コールズ・ベイの宿:2泊 Iluka Backpackers YHA


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、写真が別窓で開きます。上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【マサケイの宿の印象】

部屋番号: 4号室。豪で0階(日本で1階)
評価:10点満点で7点。

昨日までの豪華なリゾートと今日の宿(ユースホステル)は大違いである。宿のウェブサイトにアクセスすると、以下の写真が最初にでてくる。このバラックでは、ユース会員でなければ、尻込むだろう。ここは宿舎ではなく、右部分が受付で、この写真に写っていない左部分が宿である。なお、宿はもっとボロイ感がある。

宿の入り口はここである。「ここ」と書いたが、読者の皆さんは、「どこ?」と思うでしょう。写真の撮り方ではなく、実際にわかりにくい。写真の右半分を占める半透明プラスチック板の左にプラスチックのすだれ(?)が垂れていて、そこが入口だった(と後でわかった)。つまり、建物の「玄関ドア」がありません。実は、この写真を撮った位置でウロウロし、たまたま歩いてきた中国娘に、「YHAの入り口はどこですか? 4号室なんですけど」と聞いてしまった。中国娘は、笑って、案内してくれた。同じYHAにお泊りでした。
130204_1122

昨日までのクレイドル山は高級コテージ、今日からのコールズ・ベイは貧相なユースホステル。ここの値段は1泊70ドル(旅行中最安値)で、昨日の4分の1である。
コールズ・ベイの受付で、シーツと枕カバーを渡された時、ここは古典的なユースホステルだと実感した。
クレイドル山は寒く冬だった。コールズ・ベイは夏である。暑い。
クレイドル山は山、コールズ・ベイは海。

クレイドル山の宿では他人と接触はなかった。コールズ・ベイでは、中国娘と話す、台湾少年が話しかけてくる、ドイツ老夫婦が話しかけてくる、ロシア娘と話をする。

このロシア娘(ハイティーン)はスリムでとても美人である(写真とってない)。話しかけるときれいな英語を話した。父親と小太り兄(約20歳)と一緒に旅行していて、翌週はニュージーランドに行くとのことだ。宿泊3日目の早朝、トイレに行くと、小太り兄がパンツ1枚でトイレに入るところに出くわした。裸の上半身は、毛むくじゃらである。私は、トイレ後、キッチンで料理をはじめると、トイレに行くロシア美人娘に出くわした。きれいな模様の本しゅすサテン)のパジャマ(下は短パン)を着ていた。ロシア娘の美しさに感心した。その後、キッチンで会うと、地味なTシャツとジーンズに着替えていた(残念)。

人間の男女の違い度は人種によってことなる。日本人の遺伝子は男女差が少ない。だから女性が男役をできる(宝塚)。男性が女役をできる(歌舞伎)。でも。ロシア人は男女差が大きい。この小太り兄がスリムになっても、とても女役はできないだろう。

宿は本格的なユースホステルで、ボロイが面白い。
1.キッチン、冷蔵庫、電子レンジ、トースター、トイレ・シャワーはない。洗濯機はない。これらは共通にある(バスタブはない)。
2.静か。最初の晩だけ、キッチンでのバカ騒ぎが聞こえたが、10時頃にはおとなしくなった。
3.移動・買い物・観光に便利。
4.フロント係員は普通
5.2泊3泊でハウスキーピングはない。ティーポット・コーヒー・紅茶は部屋にない。ティーポットはキッチンにあるが、コーヒー・紅茶、石鹸・シャンプー、そして、タオルは支給されない。本格的なユースホステルである。

欠点
1.WiFiはない(多分)
2.予約時に宿泊費を払う必要がある。今回はMelbourne Central YHAで予約し、予約時に支払った。

徒歩20秒で、スーパーマーケット。宿の裏にある。
徒歩20秒で、レストランやカフェ通り。宿の裏にある。
徒歩3分で、ビーチ。とてもきれいな砂浜なのに、人がとても少ない。1組の家族がいただけ。長い砂浜。散歩にもいい。水はとてもきれい。徒歩1分でカヤックレンタル屋さんがある。

ここは敷地内のごく一部がYHAで、わずか8室である。
130203_0594-1

YHA以外に、乗用車でくる人用のモーテル、RV車のサイト(この部分が広い)、そして、テントサイトもある。総合的なホリデーパークである。テントサイトにはもちろん共用キッチンやトイレもある。

ホリデーパークとしてのサイトはこちらである。
BIG4 Iluka on Freycinet Holiday Park, Coles Bay, TAS – Holiday Accommodation, BIG4 Holiday Parks

【宿の公式情報】:
Iluka Backpackers YHA
Reserve Road
Coles Bay 7215
Phone: (+613) 6257 0115
Fax: (+613) 6257 0384
Manager: Alex & Rosie Kain
Email: info@ilukaholidaycentre.com.au
Reception Hours: 8 am to 6 pm

宿泊数: 2 泊、総額AUD 140 (Melbourne Central YHAで予約、予約時に支払い)
チェックイン: 2013年2月 3(日曜日)
チェックアウト: 2013年2月 5(火曜日)
客室: ダブルルーム

Coles Bay – Esplanade
http://www3.yha.com.au/Hostels/TAS/North-East-Tasmania/Esplanade/

Situated in the Coles Bay Township, 1km from the Freycinet National Park, the Iluka Backpackers YHA is over the road from Muirs Beach. On-site backpackers facilities at the hostel include tavern/bistro and bakery. There is also a playground for children.

Facilities

  • Bar
  • Barbeque
  • Cafe/Restaurant
  • Food Store
  • Parking
  • Television

Activities

    • Beach
    • Bushwalking/Hiking
    • Canoeing/Kayaking
    • Fishing
    • Flying
    • National Park
    • Swimming

Things to do
Freycinet National Park is one of the east coast’s most popular destinations with secluded beaches, spectacular scenery, red granite mountains and clear blue water. With so much on offer guests at the hostel can undertake some of the many and varied activities including bushwalking, swimming, fishing, kayaking, photography, oyster farm tours, boat charters and scenic flights.

Accepted Cards
Card, Visa

カテゴリー: タスマニア、豪, 宿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です