2013年1月29日(火)、24日目(1) ホバート2日目 朝の散歩


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。大きく開かない記事もありますが。その時は、上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【今日の気候】
1日くもり、少し寒い
公式気温 最低/最高 12/20度

【今日の予定】
*宿でインターネット。有線LANなので、接続が早く、快適。
*宿で休養
*宿から徒歩で街歩き、食糧の買い出し
*夕方、レンタカー借り出し

【今日の行動】
ホバートに昨日着いた。午後、市内の海岸沿いと街中を、1~2時間ブラブラ歩いた。もう歩くところがない。
今日は寒いし、休養だ。
とはいえ、05:10に起床した。毎日、5時台に起床してしまう。

街中を歩くと、早朝ということもあるが、人は少ない。しかし、ユニークなもの発見。道路脇のインフラ箱がアートなのだ。素人の落書きレベルを超えている。プロの仕事?
130129_8355

なかなかきれいだ。
130129_8354

もちろん、1か所のインフラ箱ではない。いくつもある。
130129_8401

130129_8399

130129_8398

街壁アートもなかなかである。
130129_8353

売り家広告があり、売却済みになった。それは別にいいんです。
130129_8366

しかし、教会が売り家で売却済みだと、チョッと待て。ホバートは教会も逃げ出すほど、さびれた街なのか?
130129_8365
ツレは、教会が売り出されたのではないと言ってますが、・・・・・・・。

通りの向こうに公園がある。
130129_8363-1

聖デビット公園(St David’s Park)。ウェブで調べると、欧州から移住していきた人の、ホバートの最初の墓地で、1804年に設けた、とある(St David’s Park, Hobart, was the city’s first cemetery and dates from the beginning of European settlement in 1804.)。ツレは墓地嫌いでした。スミマセン。
130129_8364-2

木立がうっそうとしている。
130129_8369

130129_8368

130129_8367

六角形の記念碑がある。なんでしょうか? ネルソン号の記念碑でした。
130129_8378

ネルソン号(HMS Lady Nelson)は、1798年建造の英国の船で、オーストラリアのこの地域(ホバート、メルボルン、ブリスベンなど)を最初に探索し、この地域の発見した船である。1825年、マライ海賊に襲われ、船と乗り組員は全滅した。
130129_8371

ネルソン号の乗り組員の名前が書いてある。
130129_8372

公園を横切って通勤です。少し寒い。服装からおわかりですね。
130129_6879

街の繁華街に行くと、通勤途上の人々に会います。寒い服装している。おばさんの赤いジャケット、ウツクシイ。ホバートは寒いこともあって、地味な服が多い。
130129_6888

しかし、若い女性は、寒くても、ファッショナブルです。クロのブラウス、クロのタイトスカート、クロの靴、クロのサングラス、決まってます。ノースリーブ、胸元のあき具合もナイスです。
130129_6889

公衆トイレです。入ったわけではないんですが、なんか、リッパなトイレだなあ、と。そういえば、オーストラリアは、「Rest Room」ではなく、「Toilets」ですね。英語で「Rest Room」と言っても、休憩所に連れて行かれることはありません。通じます。
130129_8405

本日が幸せに満ちた1日でありますよう
今日も笑顔で!

カテゴリー: タスマニア、豪 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です