2013年1月31日(木)、26日目(2)ストラハン2日目、夕方の散策:ビーチ、観光列車


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、写真が別窓で開きます。上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【今日の予定】
*日本を出るときは、ストラハンでリバー・クルーズの予定だったが、昨日から天気が悪い。テレビの天気予報では今日の天気は雨。クルーズはヤメ。
*街の散策
*休養・・・スパバスつきの宿なので、宿でスパバスを楽しむ。

【今日の気候】

雨。ときどきくもり、肌寒い
05:15 室外 15.1℃、湿度94% しっかり雨
09:27 室外 15.7℃、湿度89% 小雨
13:34 室外 19.0℃、湿度69% くもり
21:20 室外 12.9℃、湿度77% 雨

今日の行動】

午前中、雨の中、ストラハン港を散歩し、その後、車にガソリンを入れ、スーパーで食糧を買って宿に戻ったところで前回を終えた。

宿で昼食をとり、再度、スパ・バスを楽しんだが、明日はストラハンを去る。もう一度、ストラハンの街を見に行こう。

16:52、小雨・くもりの中、車で外出。

1つ目は、ストラハンの海・川に行く。雨は止んだがくもり。肌寒い。人はほとんどいない。
130131_7024

ボートランチ(右)と桟橋(左、先端にケイがいる)。
130131_7027

130131_7034

130131_7038

130131_7040

砂浜はあるが、誰もいない。
130131_7046

ビーチのブランコ。
130131_7048

ウツクシイ樹木と公園。この左側にビーチがある。正面が休憩所。
130131_7035

ビーチの休憩所だが、誰もいない。ビーチにも誰もいない。
130131_7047

休憩所の壁面プレートに水上スキー世界記録が貼ってある。
130131_7049

フムフム、2012年1月27日、ストラハンからタスマニアまで、145人のスキーヤーを引っ張った水上スキー世界記録。実施したのは、去年の数日前じゃないですか。今年はしなかったんですかね。今度はいつやるのでしょう。
130131_7049-1

130131_7050

休憩所の側面に観光鉄道(West Coast Wilderness Railway)の絵が描いてある。
130131_7054

観光鉄道(West Coast Wilderness Railway)の絵だけ切り取る。
130131_7054-1

公園に面した私有地。他もそうだが、人の住んでいる気配がない。マア、いいけど、門はヒモを張っただけ。
130131_7061

公園に面した歩道に珍しいもの発見。欧州各国でよく見た犬の糞始末用の掲示とビニール袋。今回のオーストラリア旅行で見た最初で最後。
130131_7060-1

2つ目、観光鉄道(West Coast Wilderness Railway)の駅に車で行く。

隣町のクイーンズタウンが鉱石採掘で栄えた。その積出港がストラハンだった。現在、鉱石産業はなく、両者を結ぶ鉄道は観光鉄道(West Coast Wilderness Railway)となった。

場所は午前に歩いた遊歩道の終点・レガッタポイント(Regatta Point)。
130131_7073

この赤い列車でクイーンズタウンまでトコトコ観光列車。
130131_7064

今日はもう営業時間が終わった。しかし、勝手にホームに入れ、列車を見ることはできる。ドアは鍵がかかって入れない。駅舎も鍵がかかって入れない。
130131_7065

車内の写真を撮ると、見学に来ていた若い男性が窓ガラスに反射して写った。実は、この時、ここを見に来ていたのはマサケイとこの男性だけ。「ハ~イ」とお互いに挨拶した。
130131_7067

130131_7069

130131_7070

値段表もある。大人1人133ドル。プレミアだと220ドル。09:30発(月、木、土)または10:15発(火、水、金、日)でクイーンズタウンまで35km、往復。約5時間。
130131_7071
ただ、ウェブサイトWest Coast Wilderness Railwayには以下の記述がある。行きは列車で帰りはバスだ。

Timetable valid from 24 December 2012 to 14 April 2013:

Daily morning departures from Strahan and Queenstown. 10.15am train from Strahan to Queenstown arriving 2.30pm. 3pm bus return to Strahan arriving 4pm. 8.30am Coach from Strahan to Queenstown arriving 9.30am . 10.00am Train return to Strahan, arriving 2.15pm. 10.00am train from Queenstown to Strahan, arriving 2.15pm. 4pm bus return to Queenstown, arriving 5pm.

クイーンズタウンの鉱石を積出していた港がストラハンだ。駅の前が岸壁だが、桟橋の木製土台が朽ちている。
130131_7079

鉄道のレールも海に廃棄され、錆びている。
130131_7080

【今日のまとめ】

観光した場所
1.ストラハン港(タスマニア州)

●観光にどのくらい時間がかかるか?
1.ストラハン港を見るだけなら10分。遊歩道を歩くと往復40分。

●どういう観光をすれば効率的か?
1.わかりません。

●観光の穴場・おススメ
1.リバー・クルーズはイイかも(行ってません)。
2.West Coast Wilderness Railwayはイイかも(行ってません)。1日かかります。

●トラブル体験
1.雨

●走行距離: 658-645=13km
●経費(宿泊費、食費は除く)、2人分: ガソリン 34.85ドル。

本日が幸せに満ちた1日でありますよう
今日も笑顔で!

カテゴリー: タスマニア、豪 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です