2013年1月11日(金)、6日目(5) メルボルンのヴィクトリア国立美術館(5):入口、お絵かきゾーン、透明人間音楽隊、本屋


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。大きく開かない記事もありますが。その時は、上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【今日の行動】

ヴィクトリア国立美術館のつづき。これで、最後です。

最後ですが、ヴィクトリア国立美術館の入口を撮りました。右側奥からG階(日本の1階)に入ってきます。入ってすぐ右が荷物預けコーナーで、左の半円形のカラフルなスペースがあります。なお、入口と出口は別です。入口から出れません。一部吹き抜けです。1階(日本の2階)の一部はレストランです。130111_5594

G階(日本の1階)のに入口左にある半円形のカラフルなスペースは、最初、寝そべり休憩スペースかと思いました。実は、「マンガお絵かきゾーン(Comic zone)」です。「靴を脱いで、座って、お絵かきしましょう。描いた作品を展示するので、残しておいてね!」 と書いてあります。
130111_5598

道具です。
130111_4683

もちろん、子供だけではなく、大人もOKです。
130111_5596

2階(日本式)から写す。皆さん楽しそう。130111_5593

簡単な案内板もあり。
130111_4685

10代で、ヴィクトリア国立美術館に展示される作品を描くって、素晴らしくない? 「十歳(とお)で神童、十五歳(じゅうご)で才子」。
130111_4684

G階(日本の1階)の「マンガお絵かきゾーン(Comic zone)」のすぐ先に、等身大の透明人間の音楽隊がある。入館した時は、すぐに3階(日本の4階)に上がってしまったので、その時は見えてたが見えなかった。落ち着いて、眺めると、不思議な展示だ。音楽が流れている。これが美術? 美しい? 哲学的? なんかチガウ。しかし、インパクトはある。手前の3人はリアルな観客です。
130111_5595

横から見ると、透明性がよくわかる。
130111_4680

2階(日本式)に登るエスカレーターから眺めると、こんな感じ。130111_5561

G階(日本の1階)の本屋さんとお土産物屋さんです。本は、持ち運ぶの大変だし、ウェブで見るほうが楽なので、買いません。絵葉書を買おうと思ったんですが、適当なのがない。デジカメが普及している現代では、絵葉書は時代遅れのシロモノですな。お土産は、メイド・イン・チャイナが多いが、これも時代です。しかたありません。
130111_5597

130111_4687

130111_4681

130111_4682

130111_4696

本日が幸せに満ちた1日でありますよう
今日も笑顔で!

カテゴリー: ビクトリア州、豪 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です