2013年1月7日(月)、2日目(1) メルボルン到着から市内へ


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、写真が別窓で開きます。上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【今日の予定】
*メルボルン空港09:25着で、メルボルン市内にバスで行く。予約してある宿にチェックイン。
*食料の買い出し
*銀行:キャッシュ調達
*市内散策

【今日の行動】
メルボルン空港到着30分前に機内に消毒液が噴霧された。メルボルン空港にほぼ定刻通り09:25に到着。メルボルンは暖かい、というか暑い。豪の通関は厳しいことで有名で、食品や木製品は持ち込めない。私たちは、そのような物をもっていない。何もチェックされずに通過した。

乗客の中には、たくさんの荷物、それも、段ボールで運ぶ人もかなりいる。そういう人たちの多くは、荷物検査をされるようだ。

空港には出迎えの人がたくさんいる。左側のドアから通関を終えた搭乗客がでてくる。右側が出迎える人たち。紙のネームカードが主流だが、電子的なものを持つ人もいた(写真を撮り損ねた)。
130106_3603

空港内は人々がたくさんいるけど、比較的のんびりとしていて、危険な雰囲気はない。
130106_3607

空港の看板がなかなか見つからない。外に出て探す。外もたくさんの人がいる。暑いので、タンクトップの女性、ノースリーブの女性が多い。
130106_3601

空港正面の上部にも、「International」とあるだけで「Airport」も「Melbourne」もない。
130106_3596

看板がないので、以下、適当に集めた。
130106_3613
130106_3608
130106_3609130106_3611

外に出たので目につく物体を写真に撮る。
130106_3598130106_3599

荷物引き取り場所では気が付かなかったが、麻薬犬をつれたおばちゃん係員が空港内でうろうろしていた。おばちゃんの髪の毛は赤と白でユニークだ。130106_3612

メルボルン空港からのシャトルバスと言えば、スカイバス「SKY BUS」。このスカイバスは、メルボルン空港とサザンクロス駅を定期運行している。$17 Adult – one way – return $28。 http://www.skybus.com.au/hotel-transfer-service/

市内まで、バスで行く。大人1人片道17ドルで往復28ドル。ユースホステル(YHA)会員は割引があるかもしれないので会員証を提示して聞くと、即座に「なし」との返事。宿の近くにおろしてくれるハズなので、宿の場所を提示して聞くと、サザンクロス駅で別のホテル配送バスに乗るシステムだと説明された。往復は90日間有効だというので往復を1人28ドルで購入する。 130106_3595

130106_3594

途中の景色を撮る。あまり意味がない? 生まれて初めて見るメルボルンの景色だ。 130106_3626130106_3628

メルボルン中心地のビル群が見えてきた。
130106_3629130106_3632

メルボルンの最も大きな電車駅・サザンクロス駅で全員降ろされた。降りた場所に別のバスがいる。事務所の窓口でチェックインして、別の市内ホテル配送バスに乗り換えた(このバス代もスカイバスの代金に含まれている)。

バスの運転手がイチイチ、「どこどこのホテルはここで降りて、右の路地を少し歩く」、などとアナウンスする。しかし、初めての場所はわかりにくい。ホテルの場所を書いた紙を見せた。近くに停まったと思ったので、降りようとしたら「まだだ」って2回も止められた。運転手はとても親切だ。
130106_3634

チェックインには早いけど、荷物もあるし、ダメもとでホテルに行く。
チェックインできました。 → ホテルの記事

カテゴリー: ビクトリア州、豪 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です