2013年1月9日(水)、4日目(3)メルボルン博物館、IMAXシアター


==========================================
最初にポチッ↓、        ポチッ↓   とふた押し。ブログランキング参加しています。
    にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
==========================================

写真をクリックすると、別窓で写真が大きく開きます。大きく開かない記事もありますが。その時は、上部の1280 × 853をクリックすると、写真は大きくなります。

上段の黒帯中の白字「ホーム」をクリックすると、目次である「記事の選び方と旅行の感想」のページが開きます。

【今日の予定】 以下の観光

*メルボルン博物館 Melbourne Museum。11 Nicholson St | Carlton, Melbourne, Victoria, Australia。Melbourne Museum only $10.00。Melbourne Museum and IMAX $23.00

【今日の気候】
くもり
07:00 室内 25.4℃、湿度63%
07:50 室外 15.8℃、湿度60% くもり
08:17 室外 15.6℃、湿度63% 雨
16:42 室外 17.9℃、湿度57% くもり
20:42 室外 17.3℃、湿度57% くもり

【今日の行動】
王立展示館の隣にメルボルン博物館があり。その一部にIMAXシアターがある。以下は入り口である。大きな看板が縦に5つ立っていた。看板の下の横台は座るのに丁度いい高さの台である。その向こうにメルボルン博物館の英語(Melbourne Museum)が書いてある。 130109_5295

以下のように人物が入ると、このあたりの巨大さがわかるだろう。そう、巨大である。
130109_3983-1

メルボルン博物館の前に大理石の建物の一部が並べられている。
130109_5292

説明の碑がある。
130109_5293-1

彫刻された柱の一部がある。人物を写しこんでいないけど、結構大きい。
130109_5294

メルボルン博物館の建物は現代的でシャレている。ここが入口である。そして、巨大である。Melbourne Museumの字のSとSに続くEの下に人が歩いている。それほど建物が大きい。
130109_3968

横から眺める。渡り廊下のような巨大なものはなんでしょう? 日除け?
130109_5297

メルボルン博物館の入館料は単独だと10ドルだが、良くわからないので全部購入したら、博物館入館料8ドル、IMAXシアター15ドル、劇場ショウ10ドルで、合計33ドルになった。

劇場ショウは11時から始まるのですぐに地下に行くよう指示された。行くと20人ほど並んでいた。出し物は「ワアアと7人姉妹」である。
130109_4007-1

子供向けのショウで、会場の子供にいろいろな役を割り当て、舞台と会場を駆け巡るパフォーマンスである。主役は右で、副主役が左である。この2人で、ほとんどの演技をこなすが、他に2人、舞台や会場でアシスタントをする。アシスタントは普段着である。
130109_5302-1

130109_3988-1

130109_3989-1

「ワアアと7人姉妹」を見た後、博物館のキャフテリアで昼食をとる。結構混んでいて、15~20人ほど並んでいた。
130109_5304

以下2人分である。左上ラップで5・70ドル、左下ホウレンソウロールで5・70ドル、右上ビーフパイが5・50ドル、右下チップスが4・80ドル。レシートくれなかったので値段は推定。水はもっているので購入しない。ソーダは通常、飲まない。
130109_4001-1
見ていると、チップスを食べる人が多い。また、子連れが多いからかもしれないが、食べ物持参の人もソコソコいて、キャフテリア以外の場所で食べていた。

キャフテリアのメニュー。
130109_4002-1

食べ終わり、ようやく博物館の展示を見る。
恐竜が大きなスペースを占めていた。
130109_4015
130109_4022

130109_5307

たくさんの動物のはく製が一室にあった。この部屋はかなり混んでいた。
130109_4024

130109_4027

ここで面白いものを見た。床に照明を当てて、それを動かす。子供が追いかける。
130109_4031 130109_4033 130109_4034

心の問題も大きなスペースを割いていた。展示は暗いし、疲れて、文字を読むのは面倒である。ほとんど通りぬけた。
130109_4038

そして、IMAXシアターに向かった。

IMAXシアターは、出し物が3種類あって、どれか1つを選べる。画面は世界一の大きさである。見たのは「The Last Reef 3D」(最後の岩礁)だが、疲れている。海の中のきれいな岩礁を3Dで写すのだが、ストーリのない映像は眠い。ほとんど寝てしまった。内容の撮影は禁止なので写していない。
130109_4045
130109_4044

なお、博物館に入らないでIMAXシアターだけを見ることも可能である。ここがその入り口である。博物館の隣というか、建物は一体なので、入り口が別というか。
130109_4051-1

博物館見学の帰り道。
メルボルンは、道路脇に無料トイレがある。結構、利用されている。
130109_4071

130109_4072

メルボルンは、自転車専用道路がある。自転車専用道路の専用信号もある。
130109_4075

130109_4076

【今日のまとめ】

観光した場所
1.王立展示館 (メルボルン市内)
2.カールトン庭園 (メルボルン市内)
3.メルボルン博物館 (メルボルン市内)
4.IMAXシアター (メルボルン市内)

●観光にどのくらい時間がかかるか?
1.全部が一か所にあるので、歩いて順番に見る。普通は全体で半日だろうが、マサケイはのんびりなので、1日、ブラブラしていた。

●どういう観光をすれば効率的か?
1.特定のことに興味があれば、その対象を絞った方が良い。
2.王立展示館は一般公開されていない。予約すれば、内部を見ることができるとも聞いた。要確認。

●観光の穴場・おススメ
1.メルボルン博物館の劇は子供向けなので、大人だけならパスしてもいいでしょう。
2.IMAXシアターはストーリがないと退屈です。パスしてもいいでしょう。設備はイイのだが、コンテンツが乏しい。3Dの劇場映画(例えば、アバター)なら、見るといいかも。

●トラブル体験
1.なし

●走行距離: 0マイル
●経費(宿泊費、食費は除く)、2人分: 66ドル。

本日が幸せに満ちた1日でありますよう
今日も笑顔で!

カテゴリー: ビクトリア州、豪 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です